>

元ジュディマリのTAKUYAさん、プロなのにアマの大会に出場する。その真意とは

7d59eb2c-l.jpg



アマチュアバンドの日本一を決めるコンテスト『EMERGENZA 2017』に、ロックミュージシャンのTAKUYAが、自身のバンド「TAKUYA and the Cloud Collectors」で参加している。彼らは順調に勝ち上がり、7月8日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTでおこなわれる決勝戦に挑む。優勝すれば、ドイツでおこなわれる3万人規模のライブイベント『Taubertal Festival』に、日本代表として出演することになる。TAKUYAといえば、元JUDY AND MARYのギタリストで、数多くのヒット曲を手掛け、解散後も多くのミュージシャンに楽曲提供している、いわば“大物”だ。そんな彼がなぜ、アマチュアバンドの大会に出場するのか。そこで本人にインタビューを実施、その真意を探った。大会に参加する中で日本の音楽シーンの課題も見えてきたという。その課題とは。





ドイツに行って演奏したら何かあるかもしれない
――TAKUYA and the Cloud Collectorsを結成した経緯は?


 元々は佐久間(正英)さんと何かをやろうという企画で、佐久間さんが喜びそうなバンドを作ろうという事でした。若菜(拓馬、ギタリスト)は“佐久間さん一派の人”で、ドラムのかどしゅんたろうは僕がよく一緒に演奏していて、とてもドラムの腕が良いという事を知っていたんです。ベースは「誰か探して」と投げかけたら若菜から(伊藤)千明ちゃんの名前が出てきて、今のメンツになりました。バンドとして活動するまでは、、あっという間だったんじゃないかな? 僕が最初に3、4曲をババッと作って、いきなり下北沢SHELTERでワンマンをやって。その時は、ほとんどが僕の持ち曲でしたけど。それが4、5年くらい前です。そこからコツコツです。

――前回のインタビュー時に、ダンスミュージックを基本として、変拍子なども取り入れているという話をされていました。そのスタンスは現在も変わりませんか?

 はい。2、3年前に6~7曲をレコーディングをして、まだ出来ていないんですけど、スタンスは変わってないですね。

――当時、アルバムリリースの話もありました。進捗状況は?

 時々進めているかな。個人的になんですけど、去年の春にスタジオの見学を兼ねて米国のナッシュビルにあるブラックバードスタジオへ行ったんです。見学だけというのもつまらないので、2、3日スタジオを借りて、そこでギターのRECはほぼ終わらせてきました。歌もちょっとやりましたし。去年の年末にちょっと時間があったので、更に残りのギターと歌も録って、今はそこで止まっています。リリースはまだ考えていないです。ここまで引っぱったら「いつまでかかってもいいや」という事もあるんですけど(笑)。でも結構できてはいますね。

――TAKUYAさんの活動の中で現状、メインとなるものは?

 作曲、プロデュースが主ですね。そこに、この間のももいろクローバーZのライブみたいな仕事が後から入ってきたり。



この音楽はあまり日本では受けないんじゃないか
――TAKUYA and the Cloud Collectorsがやられている音楽は、結構マニアックな部類に入りますよね。

 そうなのかもとはちょっと思う…。個人的には分からないですけど。世界を見渡したら結構いると思いますよ。ジャズの人とか。

――ライブでのオーディエンスの反応に変化などは?

 いつやってもおおむねウケているなと思うんです。このコンテンツ自体はブレていなくて。ただ、今の所こんな事やっていても何の出口も無いな、という事はすごく感じます。何百人の前でやって「イェー!」となっても、基本的に僕は、あまりどうでも良いというか(笑)。

――例えば“日本武道館でこの手の音楽をやってみたら面白い”など、そのような展望はありますか?

 どうだろう…。この音楽はあまり日本では受けないのではないかと思ったりしています。それは前回も話したと思いますが、より一層感じる所はありますね…。だから自主でライブとかをやるのは止めていますし。

――自主企画で止めて今回の『エマージェンザ』に挑んだ、ということでしょうか。

 コンテストで上手く勝ち抜いたらドイツでやれるわけですから、そっちの方が早いかなと思いまして。このコンテストの存在は3年前くらいに知って。2016年のコンテストに出たいなと、その前の年に思っていたけどもう予選が終わっていたという(笑)。それで、来年は出ようと思って、応募して、今のところ勝っているけど「さあどうなるのかな」という感じです。

――ドイツでライブをやるという事は、TAKUYAさんにとって大きな事?

 そうですね。行って演奏したら何かあるかもしれないし、無いかもしれないけど、それ自体は良いと思います。

――でもアマチュアの方々もいるわけですよね。

 アマチュアの方しかいないですね。それでも僕らがなぜ出場できたかと言うと、出場条件を全部クリアしていたから。メジャーレーベルと契約していないとか、曲が著作権管理団体に登録されていないとか、そのどれにも引っかかっていなかったから出場資格はあるという事で応募しました。



対戦して感じたアマチュアの問題点
――コンテストを順調に勝ち進み、準決勝をクリアして次は決勝ですが、感触はどうでしたか?

 まあ、負けるかもしれないので(笑)。

――そいう結果も危惧している?

 もちろん。逆に、負けたら予定が1個なくなるからいいなって(笑)。もちろんバンドとしてはやりたいんだけど、個人的には。でもここまで来たら、あと1回勝てば…という。実際いまだに信じられないです。「そんなにハードルが低いの?」って。

――「このバンドはすごいな」と思う存在は今のところはいない?

 別に演奏は上手くなくて良いのですが、作曲のやり方が上手ではないというか、「そこがアマチュアなんだよな」という事は聴いていて思いましたね。3コードっぽく聴こえても、歌メロがこうあった場合はテンションがここにあってとか、音楽的にその方がよりリスナーに届く響きになるとか、アレンジのやり方とかもなんですけど、プロの編曲家とかプロデューサーの“メス”が入っていないという感じです。

――その“メス”を入れたら良くなりそうなバンドはいましたか?

 今の所はいませんね。皆もうちょっと勉強しないと、と思います。やりたい事はすごく分かるんです。日本にありがちなんだけど、やろうとしている事に対して音楽というものを見つめない、そこを一番後回しにしている感じなんです。みんな格好とか…それが一番早いですよね。あとは雰囲気とかばっかりやっていて“音楽”というのがあまり分からないまま、やっている感じがあります。

――ということは音楽理論は必要?

 理論は凄く必要です。ギターがボーカルと当たっている事をやっていても、気が付かないままやっていたりというのはよくあるんだけど、そういう事も誰も指摘しないし、自分たちもいまいち分からないという感じでやっているのが、ちょっともったいないなと思います。

――勉強していかないと難しい部分もありますし、耳の良さという部分も大事ですか。

 どうなんだろう。やっぱり意識じゃないかな? 俺なんかもむしろ悪かった方じゃないかな。耳コピーなんかもしていたけど、今思えば昔は合ってなかったと思いますよ(笑)。デビューをして、プロの現場で関わるようになってから、だんだんシビアになってきましたね。

――アマチュアの方は、やはりシビアな所まで捉えられていない?

 特に日本はそこが一番ダメだと思います。まずスタジオが吸音し過ぎなんです。だから、本来は演者同士が倍音とかの混じり方で「今の良かったよね」という感じになるんだけど、そういうのを全く消してるような状況で練習しているから。

――“デッド”過ぎる?(編注:響きがあるのをライブ、響気がないのをデッドと表現する)

 うん、そう思う。アメリカとかの方が、リハーサルスタジオとかではなくて、近所の誰かの家のガレージとか納屋で練習していた方が、よっぽどちゃんと響くから練習になると思うし、良いミュージシャンが生まれる率も上がりますよね。

――今回は予選をやっていく中で、他の方々から刺激を受けたという事は無かった?

 刺激というよりは、現状の日本のアマチュアの人はどんな風に思っているのかなというのが、僕の時代とどれくらい変わって、「今こんな感じなんだな」というのは、勉強になったかな。

――そこからTAKUYAさんがシーンに対して「何かをしていかなければいけないな」という使命感のようなものは生まれますか?

 そういう意味では、福岡スタジオ構想とか今もコツコツやっていますけど、日本のものというよりかは、アジア全体のとか、そういうレベルで貢献はしていかないといけないし、後続を育てたりもしなければいけない。もうちょっと雇用が生まれるような事もやらないとなと思って活動はしています。

――これから音楽のビジネスシーンはどうなっていくのでしょうか? 音楽が「情報」という形になってきているという話も聞かれます。その中で、TAKUYA and the Cloud Collectorsはどういった立ち位置でやっていくアーティストでしょうか?

 どこにも立たないでいこうかな、と思っています。そういうのと関わりを持たない雲のように、本当にクラウドの存在で良いんじゃないかと(笑)。



海外でライブを1回やった方がいい
――今回優勝したらドイツでライブができますが、ドイツという国に思い入れがあった?

 僕にエンジニアリングを教えてくれた、マイケル・ツィマリングがドイツ人だし、ベルリンに行った事もあります。民族性とか、音楽はどういうのが好きかなという事も含め、日本でやるよりも海外でライブを1回やった方がこのバンドは向いていると僕は思っています。

――マイケル・ツィマリングさんはどういった事を教えてくれましたか?

 使っている機材はどういう効果があるのかとかですね。彼は結構アナログ機材オタクなので、そういった意味でも僕の師匠です。

――ところで、前回のインタビューの時に、“今のTAKUYA and the Cloud Collectors”の演奏レベルはLv25くらいという話をされていました。Lv50くらいになれば“ラスボス”が倒せると。現在のレベルは?

 一時期Lv43くらいまでいったけど、最近あまりにもライブをやってないから、ちょっと落ちてLv35くらいかな…。

――それはライブを定期的にやらないとダメ、という事でしょうか。

 ライブを年に5回もやってませんからね。まだエンジンかかってない感じかな。準決勝は演奏が酷かったからね。僕が凄く忙しい時期で、ドラムのかども忙しく、現場で何十曲も並行してやっている最中だったから、2人とも曲を全然覚えてなくて。3日前くらいに練習してるんだけど、その合間の2日が全然違う事で忙しいという状況で、3日前にやったリハの事が思い出せないよねという(笑)。

――準決勝は、ご自身で点数をつけるとしたら何点?

 演奏は微妙だったけど、ライブとしては80点です。ライブの運び、演出が良かったなと思いました。

――そこはキャリアが培ってきたものでしょうか。

 毎回体調なんて違うし、ライブは色んな事が起こるので、その経験値は人一倍ありますから。「こういう時はこうやった方が良いし、こうやるとドツボにはまっちゃうし」というのは分かりますね。


引用:yahoo
関連記事

Tales of BABYMETALおすすめピックアップ!!




【悲報】ゆいちゃんともあさん、ボーカルを取り合う←これはこれはwwwwwwwww

【朗報】BABYMETALの後継者が決定する←もう君たちが継いで行けwwwwwwwwww

【朗報】超可愛い女の子メイトが発見される 【BABYMETAL】すぅちゃんのスカートめくるゆいちゃん

【BABYMETAL】さくら学院の有力候補キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

【BABYMETAL】さくら学院人気ナンバーワンπがこれか

【朗報】ベビメタの大作漫画が公開!これは凄い

【朗報】BABYMETALのライブにとんでもない格好の女がいるんだが

【朗報】すぅめたるさん、橋本環奈を超える

【朗報】宇多田ヒカルさん、メタラーだった

【BABYMETAL】客席見ると、やっぱりアイドルって凄いんだなと思いました

【BABYMETAL】秋元康「ウチのグループは握手で勝負してるから」

人気ゲーム

人気ホビー

人気コミック

人気ライトノベル


この記事へのコメント

- - 2017年06月27日 02:17:28

なんか途中まで読んでたら腹が立って読むのやめた。
出場条件を満たしていても他から見たらプロだろ。
こいつの実力云々はどうでもいいが、アマチュアはここがあそこがと調子に乗って語っていて痛々しい。
他のバンドはチャンスを掴みたいと必死だろうに、勝ち上がってドイツに行ってみたい、行けなくても予定が1個なくなるからいいだと?
アマチュアと違うプロの自分の実力に自信があるなら自分の金でドイツでもどこでも行けばいい。

検索フォーム
プロフィール

メタタロン

Author:メタタロン

Twitter始めたよ〜
みんなフォローしてね!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド

人気記事
ブログパーツ
ads